「どんと祭」宮城県の各地域では1月14日に行われます。正月飾りなどを神社やお寺の境内で焚いた御神火にあたり無病息災、家内安全などを祈願します。参拝者の中には「どんと祭」にあわせ裸でお参りする「裸参り」も行われます。夕方になると中心街のあちらこちらから裸参りの参拝者の鐘の音が鳴り響きます。仙台の冬の風物詩です